ここ最近外国人に人気らしいあいりん地区 

日本のスラム街地区でも代表格の、あいりん地区。
いろんな意味カオスで、一般の世の中では信じがたいような破格の値段で売買されたりするのがこの地区での当たり前とされている。それだけいろんな意味ディープで、見ごたえのある区域でもある。
家族間をはじめとする人間関係の切断も込みでの貧困連鎖の犠牲に巻き込まれたり、社会から何らかの形で切り離されてしまったりという「訳アリ」な方々が集まっている地域だ。
そんな訳アリ部落であるあいりん地区は、大阪の人たちが近づきたくない、関わりたくないという現実があることに対し、海外の人たちからは人気を集めている一面もあるという。
外国人に人気の理由の一つが、その圧倒的な宿泊費用の安さにある。
確かになぜこんな破格の安い金額で経営が成り立つのかを始め、セキュリティ管理面も含めて全面的に「ここ、大丈夫なのか?」という疑問が疑問を絶えず呼んで止まない宿泊所ばかりだ。むしろあいりん地区においてはいちいち疑問を持っていたらキリがない。そういう場所なのだ。
いっそのことそれこそ郷に入っては郷に従えということで、かえって外国人観光客には受け入れやすいのかもしれないこの地域。丸一か月滞在しても3万円ぐらいという宿泊所もザラにあるあいりん地区。確かにこれだけ破格級に安く上がる宿泊費なら外国人バックパッカーに人気なのも分かる気がした。
それにしても、受け入れる外国人もまた凄いよね。初回限定無料のオールインワンゲルで肌トラブル解消

お気に入り