基礎化粧品のライン使いをやめてみました

美容系雑誌などによく書かれている「基礎化粧品はライン使いがマスト」みたいな記事。私もそれを信じてずっとそうしてきましたが、最近変化が。

アラフォーになり、乾燥による小じわが気になり始めたので、ビューティーオープナーのエイジングケア用の基礎化粧品を試してみることにしました。その時はライン使い信者だったので、一通り揃えて試してみました。すると、化粧水も乳液も美容液もすべて濃厚なんですよね。単体でみると保湿するには適度な濃厚さなのですが、全部使うとアラフォーの入り口にいる女性にはちょっと重すぎるんです。乾燥は防いでくれましたが、おでことあごにニキビができてしまいました。
でも、化粧水はもっちりした仕上がりになるので、ぜひ使いたい。なので、化粧水と乳液だけビューティーオープナーにして、導入液や美容液は無印良品を使ってみることにしました。
そうすると、これがすごく良いんです。補うところはきちんと補い、でも甘やかしすぎない感じです。
そしてプチプラを組み合わせるのはお財布にも優しいです。肌の潤いを蘇らせる美容液としてのビューティーオープナーの化粧品は敏感肌用からエイジングケア用までラインがありますから選択肢も多いですし、迷ったときは無印良品を試してみるようにしています。
お肌は年齢とともに変化していくもの。ライン使いにこだわらずその時の肌に合ったものを使うのが一番ですね。

 

お気に入り