子供の熱中症はどんな症状?対処法は?

大人と比較しても、高温多湿の環境に長時間いると体に熱をこもらせて
顔が真っ赤になったり、大量の汗をかいたり、重症の場合はけいれんを
起こす場合もあります。

まだ子供は体温調整が上手くできなかったり、アスファルトなどの地面
からの照り返しも、慎重が低いので、より高い温度で受けることで、
場合によっては命に関わるような恐ろしい症状です。
また、夏になると親が子供を残して車から離れてしまい、不幸にも
お子さんが亡くなるといった悲しい事件も起きています。
時に車の中は、冷房をきってわずか15分ほどで、50℃以上の暑さに
になりますので、どんなに短時間でも子供を車に残していくのは
絶対に止めるべきです。
注意をしていも熱中症になってしまった場合、

・直射日光のあたらない日陰や冷房の効いた涼しい場所に移動する
・衣服をゆるめて、首筋やわきの下、脚の付け根などを冷やす
・スポーツドリンクや経口補水液などの塩分を含んだ水分を少しずつ与える

ただ、様子をみて症状が重かったり、改善しない場合は躊躇せずに
小児科へ直行しましょう。

http://pratapcandc.com/

お気に入り