気になるしみはフォトフェイシャルで解消

顔のしみで困っていたという人は、しみを解消するためにフォトフェイシャルをしてみるという方法があります。
フォトフェイシャルは特殊な光を照射することでしみやソバカス、肌全体のハリやクスミを改善することができる施術の事です。
そばかすや、しみが目立つようになった皮膚は、そう簡単に白く戻すことはできないので、どうやって美白ケアをするかが大事です。
光を皮膚に照射し、そばかすやしみをつくるメラニン色素を減らすのがフォトフェイシャルです。
メラニン色素などの色があるところに反応する光をあてることで、しみやそばかすがあった場所がかさぶたのようになります。
何もしないでそのまま待つと、浮いて持ち上がったメラニン色素の部分は剥離し、その部分は白いなめらかなお肌になるという流れです。

かさぶたを気にしていじったり、無理に除去すると、皮膚にダメージが及びます。
一度にすべてが浮き上がってくるわけではないので、3週間から1ヶ月ごとに定期的に数回のフォトフェイシャルの施術を受ける必要があります。
お肌のくすみやそばかすを目立たなくするだけでなく、ハリのあるきれいな肌にする効果や、毛穴を引き締め表面をなめらかにする作用などがあります。
ダウンタイムが短いこともフォトフェイシャルの利点で、施術直後に化粧をすることも可能です。
レーザーを用いた美容施術の時のように患部にテープを貼る必要はありませんが、お肌が刺激に弱い状態になっていることは加味する必要があります。
もしもフォトフェイシャルを受けたら、日焼けどめクリームを忘れずにつけることや、強い太陽光の下で活動をしないように意識することが大切です。

ラスターフィニッシュファンデーション

お気に入り